RFラジオ波

新機軸の高周波エステ

超音波導入を代表として、メディカルエステでは度々「高周波」を利用した処置というものが行われます。
ここではその中の新鋭であり、新しく注目を集めている施術方法でもある「RFラジオ波フェイシャルエステ」について紹介していきます。
RFというのはRadio Frequencyの略称で、高周波という意味ですのでつまりは高周波を利用した処置の方法の一つということです。

では、まず大前提としてこのRFラジオ波フェイシャルエステがどのような人に効果を発揮するものなのか、ということをリストアップしていきましょう。
まず一つに、今すぐにでも顔のシェイプアップとリフトアップを行いたい、という場合が挙げられます。
例えば面接や結婚式など、とりあえずその場を乗り切りたいというような場面というのは少なくないですから、そういった場面で利用出来るということです。

次に、毛穴を引き締めたいという人にも効果があります。
人によっては毛穴が開いているように見えることが悩みだということもあるでしょう。
実際毛穴が広がっていると肌全体のきめ細かさが失われてしまうため、肌年齢が上がって見えてしまいます。

さらに、二重あごになっていることが気になっている人にも効果を発揮します。
これはリフトアップ・シェイプアップと原理としては同じものです。

最後に、現在できているニキビや、かつて出来たニキビの跡が気になっている人にも効果的です。
では、このような多岐に渡る悩みに、どのようにしてRFラジオ波は効果を発揮するのでしょうか?

RFラジオ波の効果

RFラジオ波フェイシャルエステは、肌に密着させて高周波を発生させることで行います。
この際、肌の表面が高周波によって熱くなって痛みを感じないように冷却も行いつつ照射していきます。
この高周波は肌の奥底まで浸透して振動し、肌の内側で熱を発生させます。

人間の細胞というのは、ある程度高温の状況化で活性化します。
風邪を引いた時に熱を出すのは免疫細胞を活性化させるための自衛手段であることからもそれが分かるでしょう。
RFラジオ波によって熱を持った肌の内側の細胞は、通常よりも活発にその活動を始めることになります。

すると、まず老廃物の排出というものが行われることになります。
肌というのはずっと同じものではなく、1ヶ月程度のスパンで古くなった肌と新しくなった肌が入れ替わっています。
ただ、年齢などの原因によって肌の細胞活動が悪化していると、このスパンが長くなってしまうわけです。

それによって代謝が悪化し、新しい肌に入れ替われないことで肌の調子が悪化していくわけです。
また、同時にこのRFラジオ波の熱が脂肪燃焼にも効果を発揮するために、リフトアップや二重あご解消にも効果を発揮するようになっています。