医療レーザー脱毛のポイント

脱毛サロン、脱毛クリニックで脱毛処理の施術を受けようと思っている人たちも最近ではとても多いようです。
実際に脱毛処理は脱毛サロンでも施術できますが、永久脱毛と呼べるのは脱毛クリニックのレーザー治療のみです。

永久脱毛の定義

気軽に永久脱毛という言葉を使用してしまう人たちもいるようですが、実際には、永久脱毛は簡単に使用出来る言葉ではありません。
永久脱毛には定義と言うものが存在しているためです。

最終脱毛から2年後の毛の再生率が20%以下と AEA(米国電気脱毛協会)で決められています。
永久脱毛状態にするためには、毛根や毛乳頭にあるメラニン色素を破壊する必要があり、そのために、パワーの強いレーザー治療を使用することになります。

パワーの強い機械を使用するため、医師の管理下でないとレーザー治療は使用することが出来ません。
実際に脱毛サロンでも似たような行為が行われていますが、脱毛クリニックで行われている機械よりも全然パワーが弱く、脱毛処理のために、何回も回数を繰り返す必要があります。

脱毛クリニックと脱毛サロンの違い

脱毛サロンと脱毛クリニックの違いは、やっぱり脱毛する力です。
医療レーザー脱毛はエステでする脱毛よりも脱毛する力が非常に高く、一番永久脱毛が出来る可能性が高い施術の方法です。
脱毛サロンなどへ行けば、料金も安くていいかもしれませんが、再び毛が生えてきてしまう可能性が最も多くあります。

そして、パワーが強いレーザー治療なので医師しか管理することが出来ないから、安全性もしっかり保証されているようなものです。
脱毛サロンで、パワーの弱い機械を使用しているからと言っても火傷ということが起こる時があります。
そのとき、脱毛サロンのスタッフは正確に言えば専門家ではありませんので、ことを大きくしてしまう可能性があります。

それはレーザー治療、光脱毛の違い

脱毛サロンで行われているのは、レーザー治療ではなく、光脱毛と呼ばれる別のものです。
光脱毛とレーザーの違いは、照射する波長が異なるということです。

脱毛クリニックで扱うレーザーの波長は単一であり、集中的に熱を集め施術をします。
光脱毛の場合は複数の波長を含んだ光で広範囲に照射し施術して行きます。

だから、レーザー治療の方が一点に集中している分パワーが強いのです。
光脱毛の場合、出力を一定に制限しているから、特に資格取得がなくても使用することが出来ます。

光脱毛は更に痛くない、料金が安いというメリットはありますが、毛が生えてくる成長期に行う必要があるため、2~3か月に1度の間隔で施術しなければならず、これをだいたい1~2年繰り返します。
レーザー治療の場合は、5~6回程度で終了するケースがほとんどで、やはり回数によって確実に効果の大きさを実感することが出来ます。