イオンの導入

イオンを使って浸透させる

イオン、という言葉はみなさんも聞いたことがあるかとおもいます。
恐らく多くの人がこの言葉を聞いたのが、一時期流行した「マイナスイオン」からなのではないでしょうか。
中には化学の授業で習ったのを覚えている、という人もいらっしゃるかもしれません。

イオンというのは、様々な物質を構成している原子が電子を放出することをいいます。
これがプラスの電子を放出している場合にはプラスイオン、マイナスの電子を放出している場合にはマイナスイオン、ということになるわけです。
このプラスとマイナスは惹かれ合う働きを持っています。

さて、これを前提として、イオンを用いて行われているエステの方法「イオン導入」というものについて紹介していきたいと思います。
イオン導入というのは、イオンの働きを利用することによって肌の内側に水分やエステの成分を浸透させることによって、その効果をより高く発揮させることを目的とした施術の方法です。
普通にしていると肌の表面にはバリア成分というものが膜を貼っており、その内側に成分が入り込むことが難しくなってしまっているので、それを突破して内部に浸透させることが出来るわけです。

では、実際問題どのようにしてこのバリアを突破させているのかというと、肌に微弱な電流を流す、という方法が取られています。
前述のようにイオンは電子の働きですから、逆の電子が働いている場所に引きつけられます。
この効果によって、本来なら突破するのが難しいバリアを抜けて、肌の内側にまで成分を浸透させることが出来るようになっているわけです。

ただ、肌に電流を流すというとやはりちょっと不安に感じる人も多いのではないでしょうか?
電流を流すといってもこの際利用される電流は非常に微弱なものですから、痛みを感じるようなことはありませんし、後々悪い効果が残ってしまうこともありません。
安心して利用することができます。

イオン導入の効果

では、イオン導入を利用することによって、どのような成分を肌に浸透させることが出来るのでしょうか?
メディカルエステではこの成分の方にも当然気を使っており、より効果的な物質が肌の内側に入り込むようになっています。
例えば、持続安定型ビタミンCというのがその1つです。

ビタミンC自体はみなさんも聞いたことがあると思います。
実はこのビタミンCというのは美肌や抗酸化作用(若返り効果)などを持っており、肌にとって非常に嬉しい成分です。
ただ、その反面で非常にデリケートな物質でもあり、加熱や衝撃などで簡単に組成が崩れて効果を失ってしまうのです。

メディカルエステではその性質を改善し、ビタミンCの保持能力を高めたものをエステ成分として利用することで、肌の調子を整える効果を発揮させています。