ケミカルピーリングのポイント

ケミカルピーリングという言葉も最近では良く聞く言葉です。

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、お肌の表面にこびりついてしまっている古い角質をきれいに取り除き、お肌を再びターンオーバーさせることが出来る方法です。
ここでは薬を使用し、古い角質を取り除いて行きます。

古い角質が残ってしまうためターンオーバーがなかなか出来ない ということに注目しましょう。
だから、ここでは角質を薬剤で強制的に取り除いて行くのです。

ケミカルピーリングの効果

実際にまだまだ不安でケミカルピーリングに向かうことが出来ないと言う人たちもいます。
しんしターンオーバーをしやすくしてくれて、肌トラブルの回避が出来ると言うば、ケミカルピーリングの大きな魅力です。

みなさんのターンオーバーが崩れているから、ニキビやくすみ、小じわなどの問題を抱えることになります。
しかし、効果は個人差もかなりあるので、周囲の人たちほどの効果が期待出来ないこともあるかもしれません。

ニキビ跡に有効的

特にケミカルピーリングが効果的なのは、ニキビ跡と言われています。
ニキビ跡には、強制的に古い角質を取り除くように治療し、ターンオーバーをすることで消すことが出来ます。

ただし、それでも絶対と言うことではなくケミカルピーリングでも限界はあり、消えないニキビ跡もあると言います。
特にクレーターと呼ばれてしまっているニキビ跡には、既にへこんでしまい、元に戻す力がないので効果がなかなか期待出来ないと言われています。
そして、ケミカルピーリングだけでOKという訳ではなくて、ケミカルピーリング以後のケアも大事なポイントと言われています。

ケミカルピーリングはシミに効果的

もともともケミカルピーリングは、ニキビの治療として使用されていたものです。
しかしシミの解消としても有効的です。

角質部分にできてしまった場合、角質を取り除くことで、シミがかなり薄くなります。
肌深部にできたシミも薄くなります。

ケミカルピーリングは自宅で出来て便利

基本はケミカルピーリングは皮膚科で治療を行うことになります。
しかし、最近ではケミカルピーリングは自宅でも行うことが出来、自宅で可能なケミカルピーリングセットも通販で販売されていたりします。

しかし薬剤を使用するということで、肌のトラブルを招く可能性がありますので、まずは、肌チェックをして使用することをおすすめします。
ケミカルピーリングでは、肌にフルーツ酸(グリコール酸)や、植物の酸(サリチル酸)を塗ることで、古い角質を溶かして取り除いて行きます。

ケミカルピーリングによって、新陳代謝が促進し、はりのある、きめの細かい肌を取りもどすことが出来ます。
ニキビ、過剰皮脂、くすみ、小じわで悩んでいる人たちは是非一度相談してください。