ボトックス注射のポイント

美を意識している方々は、ボトックスという言葉を頻繁に聞くことがあるでしょう。
しかし、ボトックスの意味を正確に捉えているかと言えばちょっと疑問です。
ここではみなさんにボトックスをしっかりまずは理解していただきたいです。

ボトックスとは ボツリヌス菌とは

ボトックスはボツリヌス菌という最近を使った美容法です。
ボツリヌス菌という言葉も頻繁に聞くことがあるでしょう。
ボトックスはボツリヌス菌という細菌を使っています。

ボツリヌス菌の特徴は空気がないところで繁殖していくという点です。
真空パックの食品などの消毒がきちんとされていないと、その中でどんどん増殖をし、強い毒素を作りだして行きます。

ボツリヌス菌の繁殖した食べ物を人間が摂取してしまうことで、最大でも36時間後には、吐き気、嘔吐、虚脱感などが起こり、もっと症状がひどければ亡くなってしまう場合もあります。
ボツリヌス菌は、食中毒の原因であり、みなさんは、決してボツリヌス菌にいいイメージなどはないでしょう。

美容目的のボツリヌス菌

しかし、美容目的でこのボツリヌス菌が使用されているのです。
そうは言うものの、致死量に至る量が使用されるということでは全くありません。

身体に影響が出ないほどの少量で、しっかり安全性は守られている程度です。
A型、B型などタイプは8つに分けることが出来、美容のために使用されているものは、その中でもA型です。
A型は、神経筋の末端に作用します。

そして、治療部位にA型を注射すれば、ボツリヌス菌は細胞内のたんぱく質に作用して、「アセチルコリン」という物質の放出をストップさせてくれます。
神経から筋肉への伝達をストップさせることで、筋肉が正常に収縮出来ない状態になって行きます。

大体4ヶ月程度経過すれば、遮断された神経物質に、新しい突起が誕生して、筋肉へ向かって前と違うところから出て来ます。
この原理が美容効果に有効的に利用されています。

ボツリヌス菌の美容効果

本来ボツリヌス菌は、眼科で、まぶたを開閉している筋肉がぴくぴくしてしまう痙攣の治療に使用されていました。
実際にこのように美容目的でも使用されるようになり、アメリカと比較すれば、まだまだ日本は認識が薄いようですが、それでも段々と日本のみなさんもボトックス注射に関心を持つようになって来た頃です。

ボトックス注射のメリットは、なんと言っても、メスは入れないということです。
一方ではメスを入れる方が確実性が高いと言う人たちもいます。

しかし、そのために料金が高かったり、抜糸のために時間がかかったりとデメリットもあります。
ボトックス注射は比較的料金が安いと言うことも大きな魅力です。

そして時間も短く10分程度で終了出来てしまうのです。
ボトックス注射は一回で完了することが出来ますし、ダウンタイムがほとんど必要ないというのもメリットです。